和太鼓キッズゆりかご

指導者紹介

湯澤 一樹 (ゆざわ かつき)


自己紹介 
出身地: 栃木県宇都宮市(旧河内町)
英国留学: 1892年英国ビクトリア期にエミリーワード女史が創設した「ザ・ノーランド・カレッジ」100年余の歴史と伝統を誇る英国で最も名門ナニー養成学校である。幼児教育の二大潮流の1つ、フレデリック・フレーベルの流れを吸み、子供の心が自然に内発的に成長していくのを援助す教育方法を生み出し、以来研究研鑽を重ねている。
そこの留学コースに、園長である湯澤一樹先生が、創立以来男性で初めて入学した事で、世界各国から注目を浴びる。
国際的に通用するプロの保育・幼児教育のスペシャリストとして学んできた。

 

平成 9年 音研和太鼓ライセンスコース 3級

平成11年         〃         2級

平成16年 民族歌舞団荒馬座 第1期生

平成17年 (財)日本太鼓連盟1級技術認定員

平成19年 音研和太鼓ライセンスコース 1級(東日本最速で取得)

平成20年 宇都宮市文化協会加盟「ふれあい文化教室」で年5回小学校での和太鼓指導にあたる

職業: 保育園 園長 、和太鼓キッズゆりかご代表

 


外部講師

 

吉村 城太郎 先生

 当会6年目から上級者の指導をいただいています。

『鬼太鼓座』を経て、志多らやTAO等のプロチームの指導も携わり、 先生が指導したチームはコンテストで必ず優勝、入賞を果たしております。 また、日本舞踊や伝統芸能にも精通しておられる先生です。 子供に関するNPOの理事もされており、子供のためなら、どこにでも指導に 行く熱い思いの先生で、愛知県から車で6時間かけて来てくださっています。

 

◆近藤 克次 先生

チーム結成4・5年目にご指導を頂き、また2年前からご指導頂いてます。

国内外で活動している和太鼓集団『鬼太鼓座』『鼓童』の元メンバーで、鼓童時代には研修所の所長も務められました。世界各国でコンサートツアーやワークショップもされ、日本全国の和太鼓グループや和太鼓奏者への指導しもしており多方面で活躍されています。当会の基礎から上級者まで、全体を見て指導していただいています。

 

津村 明男・和宏・秀紀・春快先生(三宅島芸能同志会)

当会7年目から年2回指導いただいています。

『鼓童』に『三宅太鼓』を伝え、全国の大きな太鼓イベントに必ず出演している 三宅太鼓の先生のご一家です。ジュニアの太鼓チームで津村先生の三宅太鼓を やっているのは全国で、唯一当会だけです。

三宅太鼓に関しては、上級者が演目として取り組んでいますが、一般の方や園児、園の職員が参加できる会の『栃木三宅会』では、幅広い方達と太鼓を打つという貴重な場となっています。